メンテナンス

造形作業をやっていると、製作に使用する諸々の道具をメンテナンスしなければならない場合があります。
たとえば、成型するためのFRP型を組むときに使うボルト&ナットも然りで・・・

ポリエステル樹脂がボルトの溝にこびり付き、錆も浮いて非常に使い難くなっています。
a0285520_13313953.jpg


そこで、伝説のワイヤーカップ先生のご登場です。(ブラじゃありません。)
a0285520_13312091.jpg


満を持して、得意技であるウルトラコークスクリューアターック!を披露する大先生。
ヴウィーンッ!
a0285520_13311747.jpg


あっという間に汚れを剥ぎ取られたボルトちゃん。
ちょっと恥ずかしそう。
a0285520_13311540.jpg


間髪いれず、こっちも
a0285520_1331176.jpg


グヴウィーンッ、とやられてスッキリ。
a0285520_13303668.jpg


最後に錆止めと離型用途でシリコンスプレーを吹き付けられ
a0285520_13303033.jpg


次の出番を待つ次第。
a0285520_13302759.jpg



傍らでは、事務所に新人として入ったプランツカーボンヒーターのお陰で出番の無くなった20年物のハロゲンヒーターが、作業を温かく見守ってくれているのでありました。
a0285520_13301957.jpg

by zl900eliminator | 2013-02-08 15:04 | 閑話 | Comments(2)

Commented by ekadantaya at 2013-02-08 18:53
あ、待ってました!ついに更新しましたね!!海底で眠っていたゴジラがついに目を覚ましたって感じ。ボルトがこんなにきれいに掃除できるとは。すばらしい工房を持っている菅原君がうらやましいです。9月はぜひ工房見学させてください。
Commented by zl900eliminator at 2013-02-09 00:19
日常ネタは結構あるんだけど、肝心の人形ネタが無くてさ。とりあえずはボルト磨きから。(笑) この金属を磨く作業って結構好きでさ、はまるんだよなあ。
じゃあ9月は工房見学会ってことで。