「Un désir d’humain」

フランスにおける日本のアンダーグラウンドカルチャー研究の第一人者であるAgnes Giard(アニエス・ジアール)女史による
最新著書「Un désir d’humain」に、当工房の等身大ドールに関する考察を掲載頂きました。
当該書籍は約370ページに及ぶ本で、細かいフランス語でびっしりと埋め尽くされているため、英文すら読めない私には
理解することは到底不可能ですが、日本語版の予定もあるとの事で、その出版が待たれます。
370ページ中、図版は30数ページですので、写真を期待される方にはお勧めできませんが、裏クールジャパンを知るには
欠かす事の出来ない興味深い内容になっていると思われます。
国内の複数他メーカーさんのドールを含めての30数ページである為、当工房のドール画像は数点ですが、
私が過去に撮影したお気に入りの写真が掲載されています。
この本をきっかけに、昨日フランスのテレビ局「Enorme TV」制作の情報番組「Quarks」からも取材を受けることとなり、
普段一人だけの工房が、久しぶりに賑わいのある場所となりました。


a0285520_15301116.jpg

フランスから届いた荷物。 いったいこれは・・・?



a0285520_15302219.jpg

度々お会いしている、フランス人でスイス在住のアニエス・ジアールさんからの贈り物でした。

Agnes Giard
Agnès Giard Blog
日本のエロティックカルチャーを紹介するフランス人 アニエス・ジアール


a0285520_15304286.jpg

当工房のドール写真を掲載頂きました。



a0285520_15311340.jpg

分厚い本につきページが広がらない・・・
なので重石にデジカメ(DSC-F707)。 このカメラ、古いけど機能美の塊です。でも、故障中;



a0285520_15314090.jpg

カバーを取ると実に渋い本体が。 「日本叢書」、こちらの表紙の方がカッコイイと思うんですけどね。



a0285520_15344441.jpg

取材に訪れたフランスのテレビ局「Enorme TV」制作の情報番組「Quarks」の取材クルー。
番組は「成人男性を中心とした視聴者を対象とする夜の時間帯の人気情報番組」との事。
端的にに言うと、「深夜のアダルト情報番組」ですね。(笑)
昔あった「11PM」とか「トゥナイト」のような・・・、いや、「ギルガメッシュナイト」あたりが妥当か。
手前がディレクターのセバスチャン・バルドス氏。 凄い男前で惚れ惚れします。



a0285520_15345883.jpg

カメラマンのジェレミー・アボート氏。 やはりかなりの男前でいらっしゃる。
この容姿でフランス語ですからね、かっこ悪いわけがないです。



a0285520_15353746.jpg

日本人コーディネーターのケロッピー前田氏(真中、奥)。 高身長の上、身体改造入りまくりで、夜道では
絶対に擦れ違いたくない風貌でいらっしゃいますが、見た目とは裏腹に、物腰の柔らかい誠実なお人柄です。
最近テレビ番組等でも注目を集めているキーワード”クレイジー”の先駆者でもいらっしゃいます。
http://keroppymaeda.cocolog-nifty.com/blog/
CRAZY TRIP 今を生き抜くための“最果て”世界の旅


a0285520_15362776.jpg

取材は5時間近くに及びましたが、久々に賑やかな工房となりました。

# by zl900eliminator | 2016-10-13 16:31 | NEWS

「人・形 展」 終了

第11回「人・形 展」無事終了致しました。
一品物主体の創作人形作家さん方に混じって、量産品にて末席を汚している造形職人につき、
毎度肩身の狭い思いをしております。
それでもご高覧くださる方々が少なからずいらっしゃった事に、心より御礼申し上げます。
この度も誠にありがとうございました。
今回は全身ではなく、ヘッドとディスプレイ用ショルダーのみの出品でしたので、
ご購入の対象となりえるのか心配でしたが、何とかお迎え頂けた品もあって安堵しています。
在庫から持ち出したウィッグの選択をミスしてしまい、会場でのドールは浮かない表情をしておりました。
ですので、本日は普段の撮影に使用しているいつものウィッグを装着した工房でのショットも含めて
アップロードしてみます。

a0285520_1542076.jpg

いつものウィンドウに大きなポスター



a0285520_1555916.jpg

受付のお姐さん、可愛いです。



a0285520_158435.jpg

在庫から無作為に持ち出したウィッグが今一つで、表情は今二つ。



a0285520_21265.jpg

ん~む;



a0285520_215333.jpg

同じヘッドでも、ウィッグが変わるとかなり雰囲気が違って見えるんじゃないかと。



a0285520_241174.jpg

そして、工房での表情には憂いがあるような気が・・・



a0285520_254465.jpg

こっちも。



a0285520_26463.jpg

今回は涙袋を作ってみたわけですが



a0285520_275691.jpg

あまり、代わり映えしなかったかな。

# by zl900eliminator | 2016-10-07 02:13 | NEWS

 「人・形 展」

出品します。

第11回 人・形 展 -HOTOGATAー
開催日時:2016年09月28日(水) ~ 2016年10月04日(火)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリー
午前9時~午後9時(※最終日は午後4時閉場)
<入場無料>
主催:ドルスバラード
告知ページ:honto


参加作家

秋山まほこ 雨沢聖 愛実 亜由美 井桁裕子 石黒知子 E n 岡田好永 カウラ 影山多栄子 春日友布子 加園誠 ガーナベイビーズ 川上勉 COOL氏 古城真理 琥珀 佐伯祐子 桜文鳥 サユリンゴ 神宮字光 垂狐 青扇 sou 踏鞴房 田中雅子 玉青 月見月 戸田和子 中嶋清八 菜奈乃 nogu. 野村直子 林美登利 ヒラノネム 藤伸  槙宮サイ 松田珠江 丸美鈴 森下ことり YU奇 y

a0285520_1114125.jpg

a0285520_1115751.jpg

# by zl900eliminator | 2016-09-19 01:21 | NEWS

ドールショウ45

なんだか久々過ぎるというか、とんでもなく間の空いた更新になってしまいました。
前回更新の直後に眼を悪くして、ちょっと休むつもりが今になってしまった次第です。
この間、ガーナベイビーズの故郷に保養に行ったり、人・形展に出品したりしていました。
眼の具合は今ひとつの状況ですが、最近ようやく不自由さに慣れてきて、何とか製作出来る
体調になってきました。

しっかし更新の仕方、すっかり忘れてます;

というわけで、いきなりですが明日・・・じゃなくてもはや今日ですが; ドールショウ45に
帽子作家 KEIKO IGATAさん とのコラボレーション・・・というかオマケみたいな
立ち位置で出品します。
例によって大きなコのヘッドだけとか、複製できるようになった帽子スタンドの出品とかでして、
近くにお越しの際はお立ち寄りくださいませ。 入場料1,000円らしいですけど・・・(滝汗)

【ドールショウ45冬池袋】
日時◆2016年1月17日(日) AM11:30~PM4:00
場所◆池袋サンシャインシティ Dホール(文化会館2F)
入場料◆1000円(パンフレット代及び開場設備費として) 午後3時~午後4時 無料
ブース◆A-15・16

a0285520_0451240.jpg


a0285520_0461912.jpg


a0285520_0465851.jpg


a0285520_0473384.jpg


a0285520_048111.jpg


a0285520_049467.jpg


a0285520_0493014.jpg

# by zl900eliminator | 2016-01-17 01:06 | NEWS

第8回 「人・形 展」 終了。

「人・形 展」 無事終了しました。
7月に地球防衛の任務が入ったり、個人的に 「今じゃないでしょ!?」 的な出来事があり、
自分自身もコンビニのフライドチキンを隠れ食いした所為で重度の腸炎になってしまうなど、
かなり切迫した状況の中で製作する事になってしまいました。
結果、今年も何も出来ずに終わった踏鞴房ではありましたが、得るものは大きかったと思います。
昨年から人形展にご招待頂き稚拙な仕事を披露しつつ、他の作家さん方の見事な創作力と匠の技を
拝見する事が出来ました。。
単に人形といっても素材や技法は作家さん毎に様々で、樹脂粘土や石塑粘土で一品物として丹精
込めて作られた人形があれば、ビスクドールやレジンキャストなど手間の掛かる工程を経て
生み出される人形もあり、衣装や装具に関してもドレスや和装など其々の人形に合わせた見事な作りで、
そういった手仕事が一つになった人形という総合芸術をじっくり堪能できた次第です。
造形を生業にする踏鞴房ではありますが、創作人形のカテゴリでは素人同然。立体物であれば
卒なくこなしてきたつもりなのですが、この世界はとてつもなく奥深く、どうやら生半可な気構えでは
通用しない世界であると思い知らされた展覧会でした。

昨年は他の作家さんとお話することは少なかったのですが、今年は展示パネルを共用させていただいた
桜文鳥さんと初対面でのお話させて頂き、意外な接点があったりして面白かったです。
シンプルな造形とそのオリジナリティーもさることながら、実は超絶技巧がさり気無く、しかしふんだんに
盛り込まれた桜文鳥さんの人形達は、分かる人には分かる恐るべき作品と言えるでしょう。
また、ベテラン人形作家戸田和子さんの創作現場のお話を伺えたり、多方面でのコラボレーションでも
活躍されている井桁裕子さん、詩的表現で独自の世界を創作されている岡田好永さん、美しく妖艶な
人形を製作される玉置千春さん、そして忘れてはならない南海の怪物大怪獣ガーナベイビーズなど、多くの
優れた作家さん方と交流させて頂けた事は、自分にとって大変意義深い展覧会であったと思います。

今年も個人的な在廊時間の関係で、お越しいただいたのにお会い出来なかったり、せっかくお越し
いただいてもゆっくりお話しできる時間がなかったりとご観覧頂いた皆様方へは恐縮至極の状態でしたが、
それでもご支援頂けるのは本当に有難い事と身に沁みて感謝致しております。
御芳名を頂きました皆様、ご感想を頂きました皆様、お越し頂きました皆々様、本当にありがとうございました。

最終日に搬出のお手伝いまで頂いたCGクリエイターのhinemaruさん、慌しくて何のお構いも出来
ませんでしたがこの場にて御礼申し上げます。 ご多忙の中ありがとうございました。 また呑みましょう!

またの機会があるかどうかは分かりませんが、次に人形をお見せできる場があれば、もう一歩踏み込んだ
造形で挑めればと考えております。それまではこのブログで少しずつ進捗状況をご報告していきたいと
思いますので今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


a0285520_11252959.jpg

巨大なポスターにも載せていただきました。 恐縮です;;



a0285520_11301458.jpg

盛況だった最終日の会場の様子。



a0285520_1127659.jpg

南海の怪物大怪獣が作った愛すべき怪物達のブース。



a0285520_1135691.jpg

搬入日当日の夕方に製作を終えたアモレ曹長。 乳首を作る時間も無し;



a0285520_11363920.jpg

これまた、搬入日当日に完成した試作ヘッド。



a0285520_11365041.jpg

目がくりくりの「人・形展特別仕様」の一品物です。



a0285520_11365581.jpg

意外と評判が良く



a0285520_1137668.jpg

初日にご購入頂けました。 ありがとうございました。



a0285520_11434619.jpg

会期中に高齢で恒例の打ち上げ。 ブレランを気取るも、ちとサイバーじゃない・・・;



a0285520_11444551.jpg

では、次の機会も!

# by zl900eliminator | 2013-10-03 17:33 | NEWS