メンテナンス

造形作業をやっていると、製作に使用する諸々の道具をメンテナンスしなければならない場合があります。
たとえば、成型するためのFRP型を組むときに使うボルト&ナットも然りで・・・

ポリエステル樹脂がボルトの溝にこびり付き、錆も浮いて非常に使い難くなっています。
a0285520_13313953.jpg


そこで、伝説のワイヤーカップ先生のご登場です。(ブラじゃありません。)
a0285520_13312091.jpg


満を持して、得意技であるウルトラコークスクリューアターック!を披露する大先生。
ヴウィーンッ!
a0285520_13311747.jpg


あっという間に汚れを剥ぎ取られたボルトちゃん。
ちょっと恥ずかしそう。
a0285520_13311540.jpg


間髪いれず、こっちも
a0285520_1331176.jpg


グヴウィーンッ、とやられてスッキリ。
a0285520_13303668.jpg


最後に錆止めと離型用途でシリコンスプレーを吹き付けられ
a0285520_13303033.jpg


次の出番を待つ次第。
a0285520_13302759.jpg



傍らでは、事務所に新人として入ったプランツカーボンヒーターのお陰で出番の無くなった20年物のハロゲンヒーターが、作業を温かく見守ってくれているのでありました。
a0285520_13301957.jpg

# by zl900eliminator | 2013-02-08 15:04 | 閑話

帽子スタンド Ⅲ

そんなわけでFRPによる二次原形が完成。
ピントが;;;
a0285520_22584267.jpg


それを元に例によってFRPで成形用の型を作ります。
複雑な形を型取りする場合、通常はゴム(シリコンやウレタン)で型作りするのですが、あえてFRP型にする為に原形を前後方向で抜け勾配になるよう造形しました。つまり前後から見た場合に形が入り込んだ部分が無いということ、いわゆるアンダーカットが無い形状です。
a0285520_22584995.jpg


型が完成したらあとはFRPを張り込んで複製します。(アンダーカットがあると二つ割では抜けません。)
同じ物がいくつも作れるのが型物のメリットでしょうか。
成形したら塗装をして完成。 色はマットホワイトとパールホワイトの二種類を製作。
a0285520_2302273.jpg

a0285520_22593959.jpg

a0285520_2303049.jpg


帽子を被せるとそれなりにみれるかな?
a0285520_2323344.jpg

a0285520_2324362.jpg

a0285520_2323972.jpg

a0285520_23231956.jpg

a0285520_23232654.jpg

a0285520_23235843.jpg

a0285520_2324252.jpg

a0285520_2324788.jpg

a0285520_232410100.jpg

a0285520_23241438.jpg


ネックレスなどが装着できるタイプも製作予定です。

# by zl900eliminator | 2012-11-05 23:34 | 造形

帽子スタンド Ⅱ

発泡スチロールによる一次原形が完成したら、次は石膏型取り。

型を前後二つ割にする為の切り金を挿し、全体に離型剤の役目をする粘土粉を塗り
スタッフ(麻の繊維)を水に溶いた石膏に含浸して貼っていく事で石膏型が完成します。
a0285520_0485114.jpg


で、ずいぶん端折りますけど、スチロール原形を抜いた石膏型の内側を
耐水サンドペーパーで仕上げ、例によってFRPによる成形。
樹脂が硬化したら石膏型を割ってFRP原形を取り出します。
パテによる修正とサンディングを施し、サフェイサーを吹き付けて二次原形の完成です。

a0285520_0494766.jpg

a0285520_0494372.jpg


FRPによる二次原形が完成したら、次は量産用FRP型の制作になります。
当初からFRP型による量産を前提にしていたので、実はこの原形は前後方向で
抜き勾配(抜け勾配)になっています。本来、人間の頭部は抜き勾配の形状には
なっていないので、つまりこの帽子スタンドは人の頭部造形としてはありえない嘘の
形状ということになります。

# by zl900eliminator | 2012-10-30 02:02 | 造形

帽子スタンド Ⅰ

人形ではないんですが、ヒトガタみたいなモノって事で、
以前作った帽子スタンドの製作工程をご紹介。
帽子職人のヨメに誕生日プレゼントとして作ったものです。


まずは発泡スチロールを作りたいボリュームにカット。
a0285520_2061490.jpg


ニクロム線で大まかにカットして
a0285520_206815.jpg


手づくりのナイフでサクサク彫ります。
a0285520_2073672.jpg


彫った後はワイヤーブラシとサンドペーパーで形を整えて
スチロール原形が完成します。
a0285520_2075631.jpg

a0285520_208250.jpg

a0285520_2075950.jpg



発泡倍率が高く柔らかいスチロールを使用したので、かなり荒い仕上がりに
なってしまいました。
ここまでの作業時間は約3時間。このあとは石膏型取りです。

# by zl900eliminator | 2012-10-23 20:23 | 造形

ありがとうございました。

御礼、大変遅くなってしまいましたが、「人・形 展」にお越しいただきました皆様ありがとうございました。
会期中には折角お越し頂きながら、私が会場に出向くのが遅くお会いできなかった方や、外出中にお越しになられた方もおられたと主催者様から伺いました。お会いできなかった皆様方、何卒失礼をご容赦ください。
またの機会があるかどうかは分りませんが、今後もヒトガタに関われる状況にありましたら、何卒よろしくお願い致します。


やはりファンの方が多くみえたガーナベイビーズさん
後姿はワイノー君ですな;;
a0285520_1402842.jpg




そして、会期中にお知り合いになれた人形作家稲田敦さんの作品群。
会場で異彩を放つそのヒトガタ達からは突出したエネルギーを感じました。
a0285520_0511217.jpg

a0285520_1333482.jpg




というわけで、搬出の様子
a0285520_0482173.jpg



他の作家さん方の作品も撮りたかったのですが、結局最終日は搬出作業に追われて
一枚も撮影できませんでした。  残念!

# by zl900eliminator | 2012-10-22 01:48 | NEWS